マーベル:シニスター・シックスを知ろう

もしあなたがスパイダーマンのファンであるなら、悪名高いシニスター・シックスについて聞いたことはあるでしょう。彼らは、スパイダーマンに敵対するスーパーヴィランのグループです。スパイダーマンのコミックシリーズに登場して以来、様々なメディアで姿を見せています。

コミックの巻数が増えれば、チームにも変化が生じます。しかし、ドクター・オクトパスは全てのバージョンでリーダーであり続けました。ここでは、シニスター・シックスのオリジナルメンバーをご紹介しましょう。

ドクターオクトパス

通称ドク・オクは、タコの触手に似た4本の強力な機械の付属肢を持つ、非常に知的だが近視的なマッドサイエンティストです。ドク・オクは、実験室での事故により機械的な腕が永久的に体に融合してしまって以来、スパイダーマンの重要な悪役の一人となっています。

彼は強力なメカニック・アームを持っていても、天才的な知性を主な武器として使う事を好みます。そのため、彼は持ち前の優れた計画性と戦術で知られています。マーベル・アルティメット・アライアンス3をプレイしていると、ドク・オクが突然襲ってくるかもしれないので気をつけてくださいね。

Sinister Six Bannergames

エレクトロ

シニスター・シックスのメンバーであると同時に、デアデビルとスパイダーマンに対抗する最初のスーパーヴィラン・チームのひとつであるエミッサリーズ・オブ・イービルのリーダーでもあります。スーパーヴィランになる前は、送電線作業員で、作業中に誤って雷に打たれてしまいました。これにより、彼は生きた電気コンデンサとなりました。彼はその能力を善のために使うのではなく、犯罪のために使ったのです。

クレイヴン・ザ・ハンター

自分の能力に絶大な自信があり、スパイダーマンを殺そうとする強い意志を持つことで知られるクレイヴン。ロシアで生まれたものの、アフリカで大物ハンターとして生活していたこともあります。クレイヴンは、どんな獲物でも素手で倒せる強さも有名です。

ゴリラと格闘したり、突進してくる象を倒したりする事ができるほどの強さを持つ魔法使いの薬を飲んだ時、彼の人生は変わりました。超人的な強さに加えて、ナイフや槍など様々な武器を使うことができます。

ミステリオ

クエンティン・ベックは、スターク・インダストリーズの元社員で、自分のライフワークを軽視したトニー・スタークに恨みを持っていました。失業した彼は、スターク・インダストリーズの元社員たちと同盟を組み、ミステリオという新しいスーパーヒーローを生み出しました。ミステリオは、ホログラム技術を使って、自分の超能力のような幻影を作り出します。そして、ニック・フューリーやスパイダーマンを、自分の作り話を使って操り、復讐しようとします。

サンドマン

フリント・マルコは、彼のDNAが小さな岩や鉱物の化学組成と一致するように変換され、偶然サンドマンになってしまいました。体のどの部分を使ってもあらゆる武器を作ることができ、別の存在に変身することができます。ただし、セメントの成分を体のどこかに混ぜると動けなくなってしまいます。

ヴァルチャー

エイドリアン・トゥームスとしても知られる彼は、優秀な電子工学エンジニアであり、空を飛べるスーツを作ることに時間を費やしていました。暗黒面に味方してからは、スパイディの往年の敵の一人となりました。

彼らはスパイダーマンの敵として知られていますが、他のヒーローと戦う事もあります。マーベル・アルティメット・アライアンス3をプレイしていて、シニスター・シックスに遭遇した際には、全力を発揮して撃退してください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です