マーベルシリーズで最も悲劇的なストーリー5選

マーベル・コミックには、読者の心に何年も残る感動的な物語が数多くあります。あるものは再演され、またあるものはデビュー当時のページにとどまり、その記憶が消えることはありません。マーベル・コミックにはこのような物語が数多く存在しています。ここでは、マーベル・コミックがこれまでに出版した最も悲劇的な5つの物語を紹介します。

アイアンマン「どんなことでもしてやる」

2006年から2007年にかけて発表された「シビル・ウォー」のストーリーの中の出来事です。それは、すべてのスーパーヒーローに正体を明かし、政府の管理下に置くことを義務付けるヒーロー登録法賛成派と反対派の2つの政党の対立。賛成派を率いるのはトニー・スターク(アイアンマン)、反対派はスティーブ・ロジャース(キャプテン・アメリカ)です。

Five Most Tragic Stories Marvel Banner 1024x710

マーベル・アルティメット・アライアンス3のヒーローが多数登場し、スパイダーマンはその重要な人物の一人です。スターク、ハンク・ピム(アントマン)、リード・リチャーズ(ミスター・ファンタスティック)は、ソーのサイバネティック・クローンとして、ムジョルニアのパワーを行使し活用できるラグナロクを開発しました。

ラグナロクは、アイアンマンがキャプテン・アメリカ率いる反乱軍との小競り合いで優位に立つために使用した武器です。しかし、雷神のレプリカは、南北戦争の最初の犠牲者であるビル・フォスター博士(ゴライアス)を奪い、扱いにくいものであることが証明されました。 

ラグナロクを設計したピーター・パーカー(スパイダーマン)はアイアンマンと対立し、この行為は再び両者を分裂させることになります。両者は激突し、アイアンマンはついにスパイダーマンを殺害しようとしましたが、彼は下水道に逃げ込み、フランク・キャッスル(パニッシャー)に助けられました。

スカーレット・ウィッチの狂気への転落、そして再構築された現実

ワンダ・マキシモフ(スカーレット・ウィッチ)は、気まぐれで現実を変える能力を持つ、マーベル・ユニバースで最も強力なヒーローの一人です。この能力は「ハウス・オブ・M」のストーリーで最もよく発揮され、彼女の劣化した精神とアベンジャーズの永久的な治療法の探求が描かれています。

ワンダを殺すという選択肢は、双子の弟ピエトロ(クイックシルバー)を除く彼女の友人や家族など、誰もが考えていることでした。弟の影響で、彼女はすべての現実を変え、誰もが幸せな生活を送り、失われたヒーローのほとんどが救わる結果となりました。

これは今に始まったことではありません。スカーレット・ウィッチのほぼすべてのイテレーションにおいて、彼女の精神状態は常に懸念材料とされています。彼女は倒れた友人を蘇らせ、双子の子供を作り出しましたが、現実に永久的な損傷を残す可能性があるため、プロフェッサーXが彼女を現実に引き戻さなければなりませんでした。彼女の改造はすべて、彼女の欲望を満たすため、あるいは欲求不満を解消するためになされたものですが、彼女の魔法は非常に危険で、神であるかのような振る舞いの元となっています。

自分を犠牲にしてまで命を救おうとするスパイダーマン

ピーター・パーカーは、マーベル・ユニバースの中で最も悲劇的なヒーローの一人として知られています。億万長者であったり、安全を保障してくれる集団の一員であったりする他のヒーローたちとは異なり、彼は経済的な支援もなく、一人で戦わなければならないのです。同業者の中では最も謙虚なヒーローでありながらも、彼は、残念ながら、最も危険な敵を抱えています。

ノーマン・オズボーン(グリーン・ゴブリン)は、狡猾で強いだけでなく、スパイダーマンを苦しめることに執着する、最も卑劣な宿敵です。アルティメットシリーズでは、彼は巨大な緑の悪魔として描かれており、ピーターはまだ10代であることから、ノーマンの恐ろしさが際立っています。

スパイダーマンの最大の責務のひとつは、敵が愛する人を通して彼を傷つけないように、自分の正体を秘密にすることですが、残念ながら、アルティメットシリーズでノーマン・オズボーン、クレイヴン、サンドマン、エレクトロ、ヴァルチャーが行ったことはまさにこれです。

彼らは、ピーター・パーカーや彼の愛する人々を殺そうと団結しました。スパイダーマンはパニッシャーの狙撃銃で撃たれて負傷したものの、寸でのところでかわすことに成功しました。最終的には全員倒すことに成功しましたが、その後、傷と疲労に屈しました。

ロキの破れた夢と喪失感 

マーベルの最高の物語はコミックにありますが、マーベル・シネマティック・ユニバースにもまた、独自の輝かしい瞬間があります。しかし、悲劇といえば、ロキ・ラウフェイソンには、脇役として登場する映画すべてにまたがる悲しい物語があります。

ロキは、アスガルドを統治する運命にあり、英雄として住民に讃えられている兄のソー・オディンソンにコンプレックスを抱いています。一方で彼は、オーディンが自分に関心を持っておらず、自分は偉業を成し遂げる運命にないことを悟っています。ロキは、父に注目されようとしますが、その強迫観念から霜の巨人との戦争を引き起こしてしまいます。 

この行為は、父親を怒らせただけでなく、自分が養子であり、霜の巨人であるラウフリーが実の父親であることを明らかにしました。その後、彼はオーディンを憎むようになりますが、ソーや母親であるフリッガから受けた本物の愛を再評価します。

その後、ロキは地球侵略など、ソーが解決しなければならない戦争の責任者となり、アスガルドで逮捕されてしまいます。しかし、拘留中にダークエルフの攻撃でフリッガを殺され、なすすべもありませんでした。こうしてロキは父親を憎むようになり、仲間を殺し、報復できたはずの攻撃で母親を失い、兄とは他人行儀な関係になってしまったのです。

ミステリオがウルヴァリンを騙してX-MENを皆殺しに

ウルヴァリンはアース616本編で生涯にわたって苦悩することで知られていますが、オールドマン・ローガンのストーリーで彼に起こったことは、最も悲惨なものです。X-MENとエグゼビア英才学校への献身は、悪と戦う彼の原動力です。その破壊の原因となったことで、彼は心も体も精神もボロボロになってしまいました。

ミステリオはイリュージョニストであり、スパイダーマンの最も狡猾なライバルの一人ですが、彼はこの屋敷の住人を攻撃するために訪れたのです。彼の目的は、ウルヴァリンの不屈の怒りと仲間への深い愛情を利用することでした。ミステリオは、屋敷の住人を全員スーパーヴィランに変えてしまうイリュージョンをかけ、ジェームズを目もくらむような怒りの中で戦わせることになりました。

ウルヴァリンの心の中では、生徒や仲間を守るために必死に戦っていましたが、その場にいた最後の敵を倒し、ようやく真実に気づくのです。彼の腕の中にはジュビリーの血まみれの死体があり、その周りには他の仲間たちの死体がありました。X-MENを一人で倒したのは、仲間たちが反撃をためらうことをミステリオが知っていたからです。彼のバーサーカーとしての怒りはマーベル・アルティメット・アライアンス3にも登場するので、彼の破壊力がよく分かるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。